低身長の男の、とても深い悩み

最初に、まず「低身長の男」が感じる「身長に関する悩み」について紹介したいと思います。

ここでは敢えて「低身長の男」のマイナスな面について言及することにします。

(身長の低い男性でも自身の身長に満足している人はたくさんいますし、特に気にしていないという人も多いので…)








「威厳がなく見えてしまう」。

まず、これが低身長の男性の多くが悩む事柄のひとつです。

あまり良い表現ではないのですが、ストレートに言うと「なめられる」というものです。

確かに、高身長の男性や、大柄な男性、筋肉質の男性などは、威圧感があって、そこにいるというだけで存在感があり、堂々と見えることがあります。

実は、かの有名なフランスの英雄ナポレオン(18〜19世紀)も、シークレットシューズを愛用していたそう。

これも、威厳を保つためだったのだとか。








その次に、「高い所に手が届かない」。

この物理的な悩みも、男性にとっては根深いもの。

「不便である」という以上に、コンプレックスを揺さぶることとして、“平均的か、それ以上の身長の男性なら、簡単に手が届く。

それなのに、自分は何か台やはしごを使わないと取れない”。

これは、おそらく周囲が想像する以上に苦悩があり、複雑でしょう。








また、ズボンの丈をたくさん調整しなければいけない、服のサイズがない、自分の着たいファッションができない・似合わないというのも、低身長の男女ともに共通する悩み。

低身長を活かしたファッションの特集なども、雑誌で取り上げられていますが、それもやはり圧倒的に女性の方が多いのが現状のようです。