低身長の男が輝くヒミツとは?

例えば、俳優、ミュージシャンでは、武田真治さんは165センチ、藤井フミヤさんは164センチ、T.M.Revolutionの西川さんは161センチと、意外にみなさん小柄。

L'Arc〜en〜Cielのhydeさんも、身長は公表していないそうなのですが、身長が低い男性芸能人としても有名です。








また、芸人さんを見ると、ナインティナインの岡村隆史さんは157センチ、吉本新喜劇の池乃めだかさんは150センチ、猫ひろしさんはなんと147センチなのです。

このように、世の中には、キラキラと輝いている低身長の男性がたくさんいます。








どうして、彼らはあんなに輝いているのでしょうか。

 ここに挙げた人たちを見ると、身長が低いことなんて全く気にならないくらいにカッコよく、低身長を個性としてスタイルにし、輝いている人ばかり。

一体なぜでしょうか? 低身長というコンプレックスに打ち勝っているから? もちろんそれもあると思います。

ただ私が思うのは、彼らには身長とは別のところに魅力がたくさんあるのだと思います。








たとえば、ナインティナインの岡村さん。

休養から復帰なさって、その後の活躍も注目をあつめています。

何事に対しても真剣に取り組む彼の姿勢は、頼もしく、男らしく、とても魅力的に見えます。

彼は時々低身長のネタで笑いを集めていますが、決して「低身長だから面白い」というだけではないことにお気づきですよね。








「低身長の男」は、良いことも悪いこともあるかもしれません。

でも、結論は「人間としての魅力は、身長だけでなく、もっと別のところにある!」という、一言に尽きるのかもしれません。