低身長の基準に満たない子供たち

医学的な低身長の基準は、「同じ性別、同じ年齢、同じ月齢の平均身長より−2SD以下の場合」と「年間の身長の伸びが平均値の80%以下という状態が続く場合」ですが、この基準に当てはまらなくとも、身長が低くて悩んでいる子供たちはたくさんいます。








身長が低いという悩みは、「正常範囲内だからそのままで良い」「病気ではないからそのままで良い」と割り切れるものではありません。

身長が小さいことで劣等感を感じる子供もいるでしょうし、身長が高い方が有利な競技や運動をしていたり、身長が低いと不利になる職業に将来なりたいということもあるでしょう。








身長が低いことに悩む子供たちは世の中にたくさんいますが、医学的な低身長の基準に当てはまらなければ、成長ホルモン療法には保険が適用されません。

また保険が適用され、つらい治療に耐えて低身長を克服していく子供たちがいる一方で、治療を受けることができずにただ悩み続けている子供たちもいるのです。








もしかしたらここをご覧になっている方で、低身長に悩んでいる方の多くが医学的な低身長の基準には該当しないかもしれません。

しかしだからといって悩みが解消するわけではありませんよね。

まずはこれまでご紹介した低身長の基準をもとに成長を温かく見守り、日常生活の中で身長を伸ばすための工夫や努力をしていくようにしましょう。