身長と成長ホルモンとの関係

人間の「成長」に深く関わる物質である成長ホルモン。

その成長ホルモンの主な役割は何かというと、骨の成長を促進し身長を伸ばすことです。








成長ホルモンは、脳下垂体というところから分泌されると、肝臓に作用してIGF-1という物質を分泌させます。

そのIGF-1は、骨の両端にある「骨端線」という組織に働きかけます。

そうすると、骨端線にある「軟骨芽細胞」という細胞が増殖、成長を始め、骨単線部分が膨張して、骨が伸びていきます。



このように骨を伸ばし、そして身長を伸ばすために、成長ホルモンは、最初の指令を出す物質なのです。

したがって、この成長ホルモンの分泌なくしては、骨は伸びず、まして身長も伸びないのです。








成長ホルモンは、通常は生後から10代後半の成長期が終了する時期にかけて、右肩上がりに分泌量を増やしていきます。

そして、成長期を終えて20代以降になると、分泌量は急激に減少していきます。








しかし、成長期において何らかの原因において、この成長ホルモンの分泌が悪く、分泌物が不足してしまった場合、骨が成長することができず、著しく身長が低い状態になってしまうことがあります。

これが、かつてリオネル・メッシ選手も悩まされた、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」です。