成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、成長期において成長ホルモンの分泌が悪いために、骨の成長ができず、身長が伸び悩み、極端に低くなってしまう病気です。

アルゼンチン代表のサッカー選手、リオネル・メッシは、11歳のときにこの病気が判明しました。








成長ホルモン分泌不全性低身長症は、全体の約3分の2は原因不明の突発性のものといわれていて、残りの3分の1は後天性で、脳腫瘍などが原因となっていることがあります。

男児に特に多い病気で、発症する患者の男女比は3:1となっています。

身長が低いことに加えて、骨年齢の遅れ、また性的成熟の遅れも見られます。








13歳でスペインのサッカークラブチームであるFCバルセロナに入団したメッシ少年は、入団当時の身長は143cm、体重は35kgしかありませんでした。

低いと言われる日本人の13歳男子の平均身長は156.5cmであることを考えると、どれくらい小さい状態であるか、イメージしていただけると思います。








身長が平均に比べて極めて低い、もしくは伸び率が著しく悪いなどの、低身長症が疑われる症状があると様々な検査が行われます。

血液検査や手足のレントゲン撮影による骨年齢検査、ホルモン分泌負荷試験などです。

そして成長ホルモン分泌不全が医学的に判明した場合には、注射によって外部から体内に成長ホルモンを投与する治療が行われます。