成長ホルモン注射の費用の問題

低身長症に悩む子供たちを救ってくれる効果的な治療法である成長ホルモン注射ですが、高額な費用がかかるというネックがあります。

サッカー選手のリオネル・メッシも、月間900ドルという高額な治療費が生活を圧迫し、FCバルセロナの治療費負担の助けがなかったら、治療を完遂できたかどうかわかりません。








日本でも、通常ですと成長ホルモン注射には毎月30〜40万円という莫大な費用がかかります。

健康保険が適用されるためには、医学的な低身長の定義「同じ性別、同じ年齢、月齢の平均身長より、−2SD以下の場合」に当てはまり、治療が必要であると診断されればいけませんが、実際にはこれは100人中2〜3人ほどの人数しか当てはまりません。

一定の基準を満たせば、公的な助成を受けることもできますが、これはさらに狭き門となっています。








世界を見渡してみると、成長ホルモン注射を受ければ改善が望めるのに、費用の問題で泣く泣く諦めている子供たちは大変多いのではないかと思います。

この日本においても、悩んでいる子供たちの中には健康保険の適用や公的助成を受けられる条件に当てはまらないために、成長ホルモン療法が受けられない子供たちもたくさんいるのです。








巷では身長は個性のひとつと言いますが、極端に身長が低くては、かなえることが難しい夢や職業もあります。

メッシ少年のサッカー選手になりたいという夢も、その一つだったと言えるでしょう。