成長ホルモンの分泌を良くするためには

成長ホルモンの分泌量は、成長ホルモン分泌不全などの異常がない場合でも、睡眠不足や栄養不足、運動不足などの生活習慣の乱れによって減ってしまいます。

また、生活習慣が乱れていると、成長ホルモン注射の治療をしていても、また成長ホルモンサプリメントを飲んでいても十分な効果は期待できません。

逆に言うと、良い生活習慣を身に付けることによって、身長を伸ばすことができると言えます。








成長ホルモンの分泌を良くするためには、まずしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

成長ホルモンは眠っているときに分泌され、特に22時〜2時という時間帯に分泌量が増えると言われているので、古来から言われているように早寝早起きが理想です。








また運動をして骨に刺激を与えると、成長が促進されます。

また運動をした後にも成長ホルモンは分泌されるので、適度な運動の習慣を付けましょう。

さらにバランスのよい食事を心がけ、カルシウムやタンパク質など骨をつくるもとになる栄養素が不足しないように無理なく摂取しましょう。

イライラなどのストレスも成長ホルモンの分泌を阻害しますので、ストレスを溜め込まないようにしてください。








サッカー選手のリオネル・メッシは、13歳のときにホルモン注射による治療をはじめ、身長143センチから2年半で169センチまで伸びたといいます。

FCバルセロナで大好きなサッカーの練習に励む充実した日々が、彼の治療を後押ししてくれたのかもしれません。