成長ホルモン治療に励む子供たちとメッシ

成長ホルモン注射による治療は、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」のだけでなくほかにも、遺伝子の異常である「ターナー症候群」に「プラダー・ウィリー症候群」、「慢性腎不全による低身長」、「軟骨異栄養症(軟骨無形成症および軟骨低形成症)」、また「SGA性低身長症」といわれる、出生時から身長が低く2〜3歳になっても平均的な身長に追いつかない低身長症の治療に有効とされています。








ホルモン注射は低身長の改善には高い効果が期待できますが、毎日注射を打ち続けなければいけないので決して楽な治療ではありません。

さらに数年間打ち続けなければいかないので、長期戦は免れません。

肉体的な苦痛はもちろんのこと、周囲より身体が小さいという現実に苦しみながら、成長期といわれる長い期間治療を続けなければならないのです。

何故自分だけが毎日注射を打たなければならないのかと、壁にぶちあたる子は多いといいます。








そんな子供たちにとって、辛い治療を乗り越えて素晴らしいサッカー選手となったリオネル・メッシの存在は、希望、憧れ、尊敬そのものです。

治療にくじけそうな時にメッシを知り、彼の大ファンになって、気持ちを新たに治療に立ち向かったという子もいます。

また、ホルモン注射以外の方法で努力している子供たちも、低身長に負けず夢をかなえたメッシの姿は大きな励みとなるでしょう。








2007年にメッシが設立した「レオ・メッシ財団」のホームページは日本語にも翻訳されていますし、2008年から日本でオフィシャルブログも解説していますので、興味のある人は是非見てみてください。