世界の平均身長と日本人の平均身長

現在、日本人の20代の平均身長は、女性が158センチ、男性が171センチと言われており、最近は、女性はまもなく159センチに到達しそう、男性は172センチに到達したという情報もあります。

まずこの平均身長が自分の身長の高低を判断するときの基準になってくると思います。








さて、視野を広げて世界各国の平均身長とこの日本人の平均身長とを比較してみると、一体日本人の平均身長はどのような水準なのでしょうか?まず、皆さんの中には、固定概念として日本をはじめとしたアジア各国の平均身長よりも、欧米諸国の平均身長の方が高いというイメージがあるのではないかと思います。

実際、アジア人よりも欧米人の方が身長が高いという傾向はあります。








それでは、これから世界各国の平均身長を紹介してみることに致しましょう。

尚、ここで紹介する各国平均身長は、最終身長(成長がストップし、それ以上身長が伸びない状態)に達した10代後半〜20代といった若い世代を対象に調査されたデータで、今現在最新の身長傾向をうかがうことができるものです。

ただし、調査時期に若干の誤差はありますので、だいたいの目安として考えていただけましたら幸いです。








まず、隣国・韓国の平均身長ですが、女性が161、男性は173センチと言われています。

日本と比べると、どちらも2〜3センチ高い値がでています。

中国は、女性が159センチ、男性が170センチと、日本とほとんど変わらない身長です。

また、中国は都市部と農村部では平均身長に大きな差が出ると言われ、栄養状態の良い都市部においての平均身長はもっと高くなるのではないかと予測されます。

また北朝鮮は、女性が154センチ、男性が165センチ、と栄養状態などが関係しているのか近隣諸国の中でもかなり低めです。








次に、欧米諸国の中で最も馴染み深いアメリカの平均身長は、女性が164センチ、男性が177センチだそうです。

白色人種と黒色人種での差はありますが、男女とも1センチに満たないくらいの誤差とのことです。

日本人と比較すると男女ともに5〜6センチも高いのですが、私はもっとアメリカ人は身長が高いイメージがあったので少し意外に思いました。

またイギリスやカナダもだいたいアメリカと同じくらいの平均身長です。








平均身長が最も高い国はオランダで、何と女性が170センチ、男性が182センチという驚異的な身長です。

ほかにもドイツも女性が168センチ、男性が180センチという高身長です。

何となく長身のイメージが強いイタリア人の平均身長は、実は女性が163センチ、男性が174センチと、男性は特に日本より少し背が高い程度ということです。

フランス人もイタリアと同じくらいです。

ヨーロッパでは南欧の人の方が、イギリス、ドイツ人、北欧の人たちに比べると、身長が低いという傾向があるようです。








世界各国と日本人の平均身長を比較してみてどのように感じましたか?その身長差が大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれだと思いますが、世界各国の平均身長と比較してみると、日本人の平均身長は決して高い方とは言えず、むしろ低い部類に入るようです。








国や地域で平均身長に差が出る要因としては、人種的、食生活や栄養状態、睡眠などの生活習慣の違いなど様々な要因が考えられます。

これらを一つ一つ紐解いていくと面白いもので、人間の身長に関する興味深い発見をしたり、身長が伸びるメカニズムに深いかかわりがあったりと実にいろんな発見があります。








日本人の平均身長がどのように変化してきたか、これだけ違う世界の平均身長との差異の要因は何なのか、など…。

これから日本人の平均身長についてさらに深く追求し、身長の不思議に迫っていきます。

その中には身長を伸ばすためのヒントもたくさん散りばめられていますので、随時ご紹介していきます。