平均身長の人種や遺伝による違い

人種や遺伝というものが人間の身長を決める重要な要素としてあります。

同じ日本人の中で見てみても、長身の両親からは長身の子供が生まれやすいとか、その逆の傾向も少なからずあると思います。

もちろん、それだけで身長が決定してしまうというものではないのですが、ここでは人種や遺伝による身長の違いについて考えてみたいと思います。








一般に、欧米諸国の人々の方がアジア諸国の人々よりも身長が高いイメージがあると思いますが、これは人種的な違い、食生活の違いと共に、内臓の違いが要因の一つとして考えられています。

黄色人種の場合は、昔から植物性タンパク質を摂取することの多く、動物性タンパク質の摂取量が多い欧米人より腸が長いなど内臓の作りが異なります。

これが身長に影響を及ぼしているとも考えられています。








また、身長は「北高南低」で、南の方の人々よりも北の方の人々の方が身長が高い傾向があると言われています。

これは、日本国内でも、世界に視野を広げ、中国やヨーロッパなどでも実際に確認されているものです。

これは気候に起因しており、身体が大きい方が身体が冷やされにくく、寒さに強いとされているのです。

実はこの傾向は動物にも見られ、例えば北海道のヒグマは本州のツキノワグマよりも大型です。

実に面白いですね。