日本人の平均身長と睡眠不足の関係性

世界でも日本人の平均身長が低い水準にある要因のひとつに、睡眠不足が挙げられます。

日本人の子供の睡眠時間は世界でも最低の水準で、慢性的な睡眠不足状態であると言われています。








とにかく忙しい日本人の子供たち、というのは有名で、「日本の大学は入学が難しく卒業は簡単、アメリカの大学は入学は比較的簡単だけど卒業するのが難しい」という話は以前からよく知られていますが、日本の子供たちはかなり小さい頃からストイックな学生生活を強いられます。

最近では「お受験」などという言葉もすっかり浸透して、受験戦争はますます低年齢化し、小さな身体で塾通いをしたり、深夜まで熱心に勉学に励む子も少なくありません。








成長の鍵を握る「成長ホルモン」は眠っている間に盛んに分泌されますから、睡眠不足が身長に及ぼす影響は計り知れません。

戦後、日本人の平均身長は急激に伸びそのまま世界水準に到達するのかと思いきや、ここ数年は横ばい状態が続いている現実があります。








栄養状態などに問題がないのに、日本人の平均身長が伸び悩んでいるのは、現代の子供たちが慢性的な睡眠不足を抱えていることや、TVやゲームなど大量の情報に囲まれて、心身ともにストレスフルな状態にあることなどが原因だと考えられています。