身長が伸びるメカニズム

身長が伸びるということは、骨が伸びるということです。

骨はその名のとおり、身体の「骨組み」なので、骨組みが伸びると身長が伸びます。

では骨はどのように伸びるのかというと、子供の骨しかない軟骨状になった「骨端線」という部分で、軟骨層が増殖することによって骨が伸びていきます。








骨端線は、骨の両端、関節に近い位置にあり、柔らかい軟骨(骨端軟骨)で出来ています。

この部分に成長ホルモンが作用すると、軟骨芽細胞という細胞が増殖し成長を始めます。

タンパク質からコラーゲンの繊維が作られ、そこにカルシウムやリンが吸着することによって、新しい骨が作られ、骨が伸びていくのです。








思春期を迎えた頃から骨の成長が加速し成熟が進んでくると、柔らかい軟骨で組織されていた骨端線は、普通の堅い骨へと変化します。

すると、軟骨層が細胞増殖することができなくなるため、骨の成長は止まり、身長がストップしてしまうのです。








大人が大幅に身長を伸ばすことができないのは、骨が伸びるための組織であるこの骨端線がないからなのです。

数センチであれば、本来の身長が伸びるメカニズムとは別のところにアプローチして大人の身長が伸びるケースはあります。

例えば整体などで骨の歪みを矯正したり、骨と骨のクッション部分の軟骨を成長させたりといったことです。