イリザロフ法のリスク

身長を伸ばしたり、欠損した部分の骨を再生させたり、変形した骨を矯正したりと、これから様々な分野への明るい発展が期待されるイリザロフ法ですが、現時点ではリスクもあります。








イリザロフ法におけるリスクといえば、感染症です。

感染症を発症してしまうと、発熱や発赤、腫れなどが起こります。

感染を予防するために、骨を固定しているピンの消毒を常に行う必要があります。

医師の指示をしっかり守れば、シャワーを浴びたりすることはできるようですが、基本的には治療期間中はかなり神経質な生活を強いられることになるでしょう。








また、万が一失敗をしてしまうと、左右の骨の長さが違ってしまったり、神経の麻痺が起こったりする可能性もゼロではありません。

また仮骨を引き伸ばす際の痛みのリスクもかなりのものだという話です。

もちろん鎮痛剤は使われますが、それでも耐えがたい痛みということなので相当なものだと想像できます。








このようにマイナスなこととして、高額な費用、長い治療期間の問題に加えて、感染症や痛みなどのリスクもありますので、やはり気軽に受けられる手術ではありません。

実際に受けるかどうかは、これらのマイナス問題と、イリザロフ法によって得られるプラスの効果を、よく吟味した上で慎重に決定する必要があるでしょう。