成長曲線の種類

成長曲線は、横軸が年齢(乳児の場合は月齢)、縦軸が身長や体重などの調べたいデータをグラフに表します。

このグラフの中に、お子さんのデータを記録していくというわけですが、グラフにはあらかじめ基準となる曲線が記されています。

その基準線の描き方は2種類あって、一つをSD(標準偏差)曲線、もう一つをパーセンタイル曲線といいます。

日本では、専らSD曲線が使われることが多いのですが、世界を見渡すとパーセンタイル曲線の方がよく使われているようです。








SD曲線のSDは“Standerd Deviation”の略で、「標準偏差」という意味です。

これは平均からどれくらい離れているかを示すものです。

SD曲線には平均身長の曲線と、+1SD、+2SD、−1SD、−2SDに該当する曲線が書き込まれています。

+の値が大きいほど平均より大きく、−の値が大きいほど平均より小さいことを表します。








パーセンタイル曲線は、何パーセントの人がその値より下に存在するかという点を結んでいくことで出来る曲線です。

たとえば、10パーセントという曲線は、「これより下の値の人が10パーセントいる」ということを表します。

つまり、100人中低い方から10番以内ということになります。

通常は7本の線を描き、3パーセント、10パーセント、25パーセント、50パーセント、75パーセント、90パーセント、97パーセントの7本です。