母子健康手帳の成長曲線

お子さんがいらっしゃる方なら必ずお持ちの母子手帳(母子健康手帳)の中に、乳幼児の成長曲線のページがあると思います。

母子手帳の中の成長曲線は、「乳幼児身体発育曲線」といい、乳児のものは月齢刻み、1歳は3ヶ月刻み、2歳から6歳までが半年刻みの表になっています。

身長と体重がひとつの表の中に記入できようになっており、別のページに頭囲のグラフも掲載されています。








母子手帳の中の乳幼児身体発育曲線には、身長と体重の平均的な範囲が、色付きの帯のように表示されています。

この帯のもとになっているのはパーセンタイル曲線で、帯の上のラインが97パーセンタイルの曲線、下のラインが3パーセンタイルの曲線です。

よって、帯の中に94パーセントの子供の値が入ることになります。








記入の仕方は簡単です。

測定した日にちと、測定した結果の数値が交わるところに点を打ってグラフにしていくわけですが、縦のラインが入っているのは「○ヶ月0日」なので、たとえば3ヶ月半のときに測定したのであれば、3ヶ月ラインと4ヶ月ラインの中間地点に点を打つようにします。

特に乳児の身長体重(特に体重)は、1週間程度でも随分と変わりますので、正確に記入することが大切です。

慣れてくればなんてことはありませんので、気軽に記入していってください。