乳児の身長と体重のチェック

それでは、どれくらいのペースで乳児の身長や体重のチェックを行い、成長曲線に記入していけば良いのでしょうか?








特に生後3ヶ月くらいまでは、身長体重ともにものすごい早さで成長するものです。

体重に関して言うと、目標1日30グラム増、生後3ヶ月では出生時の倍の体重になっていることが目安であるなどと言われています。








参考に、知人の男児のお子さんの成長記録を紹介します。

出生時の体重が2,930グラム、身長は48.4センチでした。

それが、生後1ヶ月で体重は4,320グラム、身長は53.2センチになり、生後3ヶ月では体重7,060グラム、身長は62.0センチにまで成長したそうです。








このように、乳児期は身長・体重とも急激に成長する時期ですから、1週間計測していなかっただけでも相当な成長をしている可能性があります。

しかし、あまり頻繁に測定していても負担になりますので、多くても1週間に1回、2週間に1回くらいでも良いと思います。

月齢が多くなってくれば、月に1回でも大丈夫です。








よく自宅にベビースケールをレンタルやお譲りをもらったり、さらには購入などして毎日体重を測るお母さんがいるのですが、1日単位で測ると時間帯によっては減っていることもあるので、かえって心配になってしまいます。

乳幼児健診以外には、予防注射や病院のついでに測定したり、たまにスーパーやショッピングモール、デパートなどのベビー休憩室で測定するくらいで十分でしょう。