要注意すべき乳児の成長曲線の在り方

乳児の成長曲線は、どのような点に注意しておけば良いのでしょうか?お子さんの成長曲線がこうなってきたら注意が必要であるというポイントを挙げてみたいと思います。








母子健康手帳の乳児身体発育曲線を使用するならば、まずはじめに基準となるのは、94パーセントの子供が当てはまる平均範囲内の帯に入るかどうか、です。

平均範囲の帯から出しているから必ずしも問題があるというわけではありませんが、やはり一度は小児科で相談をして、今後の成長を用心深く観察する必要はあるでしょう。

場合によっては、栄養の見直しが必要になってくるかもしれません。








もっと大切なのは、成長曲線に沿ったカーブを描くかどうかです。

もともと帯の上の方に位置していた点が、数ヶ月後には帯の下の方になっているというのでは、いくら帯の中に納まっているからといても順調な成長をしているとは判断しにくいです。

グラフ内にお子さんの身長・体重を点で打ち、線で結んだときに、曲線が右下がりに下降していたり、横ばいになっている場合には、やはり医師や保健師に相談して、指導を仰ぐようにしましょう。








また、身長はあまり伸びていないのに、体重だけが上昇している場合には、離乳食やおやつなどの量が適切でない場合があります。

栄養バランスの良い成長をしているかどうかも、大切なポイントになるので、注意深く見比べてみるようにしてください。