盲点になりやすい、乳児の成長曲線

乳児は、ほんの1ヶ月月齢が違っているだけで、身体の大きさも運動能力も大きく異なります。

外出できない産後すぐの時期はもちろん、赤ちゃんがある程度大きくなって、地域の育児センターなどに足を運ぶようになっても、同じ月齢の赤ちゃんとは限らないので、自分の子が大きい方なのか小さい方なのか、痩せ型なのかぽっちゃり型なのかというのは、なかなかわかりません。








そこで、成長曲線を見れば自分の子がどれくらいの水準なのかわかり大変便利です。

乳児身体発育曲線には男女別、月齢ごとに平均の範囲がわかりやすく示されています。

実際に、母子健康手帳の乳児身体発育曲線を活用しながら、育児に励んでいるという保護者は、たくさんいると思います。








しかしこの乳児身体発育曲線には、ある盲点があります。

それは、赤ちゃんの栄養法、母乳なのか、ミルクなのか、母乳とミルクの混合なのかが区別されていないという点です。

栄養法によって成長ペースが微妙に変わってくるのです。

母乳育ちの赤ちゃんは、一般的にミルクの赤ちゃんよりも小さかったり、成長ペースが遅かったりすることが多いそうです。








また、離乳食をいつ始めるか、おやつを積極的に与えるか否か等の食事に対する育児方針によっても成長ペースは異なりますので、あまり気にしすぎないことが大切です。

心配なことがあれば、作成した成長曲線を持って小児科を受診するか地方の保健師さんに相談すれば良いのです。