乳幼児身体発育曲線

母子健康手帳にある「乳幼児身体発育曲線」が最も身近にある成長曲線です。

乳幼児身体発育曲線は、満1歳までの乳児期は月齢ごとに、1歳〜2歳は3ヶ月ごと、3歳〜6歳は半年ごとに記入できるようになっています。








一人のお子さんにつき必ず1冊配布される母子健康手帳ですので、このページを活用することで手軽にお子さんの乳幼児期の成長曲線を付けることができます。








ご覧になったことがある方ならおわかりかと思いますが、母子健康手帳の乳幼児身体発育曲線には、標準的な身長や体重の範囲が、色付きの帯のように記載されています。

実はこの帯は、パーセンタイル曲線をもとにして作られているのです。

帯の一番上が97%の曲線で、下が3%の曲線です。

つまり、帯の中には94%の子供の値が入ることになります。








正常範囲と判断できるのは、帯の中にお子さんのデータがおさまっていればOK、帯から下方向にはみ出している場合でも、お子さんの成長曲線が基準線に沿った右肩上がりのカーブを描いていれば、問題ないと判断されることもあります。








逆に、帯の中に納まっていても、曲線が横ばいになっていたりすると、成長具合が正常とは言い難いことになりますし、いずれは帯からはみ出してしまうでしょう。

いずれにしても、気になることがあれば医療機関を受診することがおすすめです。