低身長の目安といえる成長曲線のチェックポイント

乳児期には見た目にはなかなかわかりづらいものですが、幼児期になると、標準的な身長よりも明らかに小さいだとか、身長の伸び率が著しく悪いなどの低身長症の兆候がはっきりとでてくるようになります。

ここでは、低身長の目安と成長曲線のチェックポイントについて説明したいと思います。








医学的にみた低身長の定義は「同じ性別、同じ年月齢の平均身長より、−2SD(標準偏差)以下の場合」を示します。

これは、同じ誕生日の子が100人並んだとき、小さい方から2〜3番目くらいの子のことを言います。

だいたい2学年下の子と同じくらいの身長ということになり、同じ学年の子が集う通常のクラスなどでは、極端に身長が低い状態になります。








SD(標準偏差)曲線が記載された成長曲線を利用すれば、−2SDのラインが記されているので、ひと目でこの条件に当てはまるかどうかを確認できます。

−2SDのラインを下回っている、または−2SDに近いラインを成長曲線を描いているなどの場合には、念のため小児科を受診してみてください。








また、低身長の定義としてもうひとつ「年間の伸びが平均値の80%以下が続く場合」も言えます。

つまり、−2SD以下ではない場合でも、身長の伸びが著しく悪い状態であれば、低身長の疑いがあります。

お子さんの身長のグラフが横ばいになっていたり、カーブの勾配が基準線と比較して極端に緩やかだったりする場合も、医師に相談するとよいでしょう。