身体の成長に良いとされている生活習慣

子供の身体が日々成長していくのは当然のことのように考えられがちですが、成長を支える正しい生活習慣を身に付けることが大切です。

睡眠や食事、運動などの生活習慣が崩れることによって、成長が妨げられることがありますので、ぜひ幼児期から規則正しい生活習慣を身に付けるようにしてください。








まずは睡眠ですが、早寝早起きはもちろん、睡眠時間をしっかりと確保する習慣身に付けるようにしてください。

特に成長ホルモンの分泌量が多いとされている22時〜翌2時という時間帯は必ず睡眠時間にあてるようにしてください。

幼児で22時過ぎまで起きている子は稀だと思いますが、小さいうちから規則正しく早寝早起きをしっかり習慣付けることは、小学生以降の生活にも良い影響を与えます。








食事は、とにかくバランスの良い栄養たっぷりの食事を心がけましょう。

カルシウムやマグネシウム、タンパク質、亜鉛などの栄養素が身長を伸ばすには不可欠ですので、不足しないように心がけましょう。








適度な運動は、健康のためにもまた身体の成長のためにも、大変重要なことです。

外遊びの習慣がない子供たちも多いようですが、身体を動かして思い切り遊ぶ機会を作ってあげるようにしてください。

幼児期に身体を動かす遊びをたくさんしていると、運動嫌いな子供になる可能性も低いといわれています。

小さな頃から運動の楽しさをたくさん体験させてあげましょう。