成長曲線-子供の成長記録を付けましょう

子供の頃は、身体測定のたびに少しでも身長が伸びていることが、ただただ嬉しかったものですが、親の立場になると、自分の時とはまた違った感覚で子供の成長を見守ることになりますよね。

すくすくと成長しているのを見ると、「大きくなったなぁ」と、しみじみと感慨深いものですし、身長や体重の増加があまりなかったりすると、「大丈夫かしら!?」と心配になってしまいます。

昔、小学校の通信簿に「身長・体重」が記入されている欄があって、なぜ通信簿にあるのか不思議に思ったことがありますが、今なら両親は注意深く見守っていたんだろうなぁと思います。








子供の成長に対する考え方や心配の仕方は、人それぞれです。

きちんと成長しているかどうか身長や体重をマメにチェックしているという方もいると思いますし、たとえ今少しばかり周りの子より小さくても、「時が来たら大きくなるさ」と、おおらかに捉えている方もいると思います。

成長のペースやタイミングには個人差があるのは分かった上で、かわいい我が子の成長が気になって仕方ないのは当然のことですし、あまり神経質になる必要がないというのも事実ですので、どちらも間違いではありません。








ただ、親御さんがあまり神経質になりすぎると、お子さんがただならぬ雰囲気を察知し、お子さん自身がストレスを抱えてしまう可能性もありますので、少し肩の力を抜くことも大切だと思います。

実際、幼少の頃小柄だった子が、中学生や高校生で急激に伸びて、あっという間に周囲の子を追い抜いてしまったということは、何ら珍しいことではありません。

みなさんも、思い返して頂くと、周囲にそういう子がいたとか、ご自身がまさにそういうタイプだったという方もいるのではないでしょうか?








しかし、あまりおおらか過ぎるのも問題で、お子さんの成長に万が一何らかの異常があった場合に、気が付かずに治療のタイミングを逃してしまうという危険性もあります。

例えば、低身長症という病気があります。

これは、成長ホルモンの分泌不全など様々な原因によって、身長の伸びが悪く、極めて身長が低い状態になってしまう病気です。

この病気の多くは、骨の成長が止まってしまう前に治療をすれば、平均的な身長まで成長させることができます。

そして、治療を始めるのが早ければ早いほど、高い効果が期待できるといわれています。








成長に何らかの異常が生じてしまった場合、早期発見と、早期治療の開始が何よりも大切だといえます。

成長が滞ってしまっている場合も、反対に成長が異常に早まってしまっている場合にも、その原因をいち早く取り除いて、正常な成長ペースを取り戻す必要があります。

成長のペースが乱れるという現象の裏に、腫瘍などの恐ろしい病気が隠れているということもあるのです。








子供の成長を見守る親のまなざしは、神経質すぎるのも良くないし、だからといって楽観的すぎるのも危険なので、絶妙な匙加減が必要になります。

そこで簡単にできることとして、母子健康手帳などでお子さんの成長曲線をつける方法がオススメです。

成長曲線とは、簡単に言うと、身長や体重などのデータをグラフに表したものです。

成長曲線シートには、平均身長などをもとに、成長の基準となる曲線があらかじめ記載されているので、その基準線とお子さんの成長の曲線を見比べることで、お子さんの成長具合をみることができます。








定期的に記録をするとなると面倒に感じるかもしれませんが、グラフの中に点を打って線で結ぶだけなので、ほとんど手間ではありません。

身長体重の記録の頻度も通常は、幼稚園や保育園、学校などで、身体測定が行われた時と、何か測定する機会があった時くらいで十分です。

何か心配事があって小児科を受診するようなときにも、成長曲線は必ず役立ちますのでチャレンジしていただきたいと思います。