成長曲線の基準線

成長曲線は、年齢(1歳未満の乳児の場合は月齢)が横軸、身長が縦軸としたグラフに、測定した値を点で打って、それを線で結ぶことによって出来る曲線です。

グラフの中には、あらかじめ基準となる曲線が色で記載されていて、その線とお子さんの成長曲線を見比べることによって、お子さんの成長具合や身長の水準を判断することができます。








成長曲線の基準線は2種類あり、日本でよく使われるのは、SD(標準偏差)曲線というものです。

SDとは、「平均値からどれくらいかけ離れているか」を意味します。

+1SD、−1SDというように表し、+の値が大きいほど平均より大きく、−の値が大きいほど平均より小さいということになります。

通常は、平均身長の線と、+1SD、+2SD、−1SD、−2SDの5本の線を描きます。








もう一種は、パーセンタイル曲線といって、世界的によく使われる基準線です。

パーセンタイル曲線は、何%の人がその値より下に存在するかを示す曲線で、例えば10%という曲線は、「これより下の値の人が10%いる」ということを表し、100人中低い方から10番以内という意味になります。

パーセンタイル曲線は、通常は7本の線、3%、10%、25%、50%、75%、90%、97%で描きます。