身長はいつまで伸びる?

みなさん、身長はいつ頃まで伸びていましたか?人間の身長は、いつ頃まで伸びるのでしょうか。

身長の伸びがストップする年齢は、もちろん個人差がありますが、大体男子で18〜19歳頃、女子で15〜16歳頃と言われています。

思春期を迎えておおよそ3〜4年後の時期になります。








思春期を迎えると、成長スパートといって骨の成長が一気に加速し、成長の勢いが増します。

思春期の3〜4年の期間に、男子は平均で25cm、女子は平均で20cmほど身長が伸びるといいます。

中学生や高校生になると、それまで小柄だった子の身長がぐんと伸びるという現象がよく起こりますが、その正体が成長スパートなのです。








しかし、成長スパートが起こるということは、まもなく骨が成熟し切って、成長が止まってしまいますよ、というサインでもあります。

思春期が来たならば、数年後には身長が伸びなくなるものだと考えてよいでしょう。








低身長症の治療をする場合、十分な効果を得るためには、治療開始の時期が骨年齢10歳以下で始めるのが好ましいとされています。

日頃から成長曲線を上手に活用し、子供の成長の異常を見逃さないようにすることや、成長スパートがやってくる時期に注意を払っておくことが大切です。

骨が成熟し成長が止まってしまうと、身長を伸ばすことは極めて難しくなるからです。