シークレットシューズを履いた感触

手軽に身長UPができる便利なシークレットシューズではありますが、慣れるまでかなり歩きにくいということを知っておく必要があります。

外から見た目ではわからないシークレットシューズの構造は、かかとの部分が高くなっているというもので、履き心地はまさにハイヒールと同じようなものです。








街中ではさほど難しくなさそうにハイヒールを履きこなして颯爽と歩いている女性を見ると思いますが、実はかかとを上げて歩くというのはかなり不安定で恐怖そのものです。

ハイヒールを履きこなしている女性たちも、履きなれるまでに相当苦労をしたはずです。








高さの低いものからチャレンジして、少しずつ履きなれていった方が、安全で無難かもしれません。

かつて「厚底靴」が流行したとき、足首をこねてしまい転倒し怪我をする女性が続出し、社会問題になったものですが、シークレットシューズも極端に高いものだと、同じ危険性があります。








怪我をしないまでも、無理をして長時間履き続けていると、脚の骨に負担がかかって骨格が歪んでしまうことも考えられますし、何よりもぎこちない歩き方でシークレットシューズを見破られる可能性もありますので、注意が必要です。