身長が低い女性のメリット・デメリット

では身長が低い女性には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?








小柄な女性の最大のメリットは、「若く見られる」という点です。

実年齢より低く見られることが多く、いつまでも若々しく可愛らしいものです。

「子供っぽく見られる」ということで気にする人も多いのですが、長い人生長い目で見るとこれは大きなメリットと言えるでしょう。








また、小柄な女性は「守ってあげたい」と思わせるような柔らかい雰囲気を持っているので、男女問わず実に多くの人にかわいがられるというメリットもあります。

身長が低いと威圧感がないためか、長身の女性よりもファーストインプレッションとして接しやすいと感じる人も多いようです。








一方デメリットは、洋服の悩みです。

似合う服が限られるとか、服のサイズがないといったことが多いようで、雑誌などのモデルさんは背の高い人が多いですし、欧米のブランドの服は平均身長の高い現地の女性にあわせてデザインされていたりするので、なかなか着こなせない場合があるようです。








しかし、気兼ねなくハイヒールを履けるとか、ピンクやフリルなどのついたかわいらしい服も躊躇なく着ることができるとか、子供服を着ることができる等、服装の面でもデメリットばかりではないようです。

また最近は、身長が低い益若つばささんや神戸蘭子さんなどのモデルさんも大変な人気を集めています。