伸びる身長の仕組み

身長がのびる仕組みを知ることによって、身長を伸ばすにいったい何をすれば効果的かということが見えてきます。

では、いくつかのキーワードに注目しながら、身長がのびる仕組みを見ていきましょう。








身長が伸びるために最初の指令を出すのは、脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」です。

成長ホルモンが分泌されると、肝臓に作用して、今度は「IGF-1」という物質が分泌されます。

そうすると、このIGF-1が骨の両端にある「骨端線」に作用しここにいる軟骨芽細胞が増殖・成長し始めます。








骨端線で軟骨芽細胞が増殖・成長するとき、「タンパク質」から成る「コラーゲン」の繊維が製造され、そこに「カルシウム」や「リン」が吸着することによって、新しい骨が作られていきます。

骨端線で新しい骨が作られると、骨端線部分が増殖していき、骨がのびます。

そして、骨がのびることによって、人間の身長は大きくなっていくのです。








聞きなれた「成長ホルモン」や「カルシウム」などの単語が出てきましたね。

骨端線が閉じるまでの間は、これらの「身長を伸ばす仕組み」にアプローチすることによって、成長をもう後押して身長を伸ばすことが可能です。

けっして難しい内容ではありませんので、取り組んでみてください。