身長がのびるのは寝る子

寝る子は育つという言葉を聞いたことがありませんか?私も子供の頃、両親や大人たちからよくこの台詞を言われていて、そのときは子供を早く寝かせるためのきまり文句だと思って、正直あまりきちんと聞き入れてはいませんでした。

しかし、「寝る子は育つ」というのは本当です。

寝ている間に身長がのびるために必要不可欠な成長ホルモンが分泌されるからです。








身長をのばすため最初の指令を出す成長ホルモンは、ずっとコンスタントに分泌されているというわけではなく、特に眠ている間と運動をした後に分泌されます。

ですから、睡眠をしっかり取ることは、よりたくさんの成長ホルモンを分泌させることになります。








身長をのばすための睡眠のコツは、まずは何よりも十分な睡眠時間を確保することです。

成長ホルモン分泌のピークはノンレム睡眠(深い睡眠)のときに迎えますので、深く良質な睡眠をとることも大切です。

また、1日の中でも22時〜翌2時という時間帯は、最も成長ホルモンの分泌量が多い時間帯と言われているので、この時間帯を睡眠時間にあてられるよう、早寝早起きも重要な要素です。








またストレスは成長ホルモンの分泌を妨害するので、特に寝る前はストレスを感じないよう、リラックスした環境を作ることが大切です。

寝る前に子供を叱るのは、ぐっと堪えた方が良さそうです。