身長が低いのは早熟な子?

幼い頃は身長が高く、身体の発育も早かったのに、中学生や高校生になると、周りの子にどんどん追い抜かれて、結果、身長が低くなっていたという子を見たことがありませんか?あるいは、ご自身がまさにそのタイプだったという方も多いのではないでしょうか?








思春期を迎えると、骨の成長が一気に加速して、成長スパートが起こります。

そしてこの時期を終えると、骨が成熟して骨端線が閉じ、身長がのびがストップします。

つまり、早めに思春期を迎えるということは、成長期が終わりを迎えるのも早いということであり、思春期が早ければ早いほど「身長がのびる時期」が短くなってしまうのです。

そのため、早熟な子は最終身長が低くなってしまう傾向があります。








反対に、思春期を迎えるのが遅い子は、それだけ成長期が終了する時期も遅くなり「身長がのびる期間」が長くなります。

思春期がくるのが遅い子は、成長スパートが遅くに訪れるため、小さい頃こそ周囲の子よりも小柄ですが、中学生や高校生になって急激に伸び始め、最終身長が高くなるというパターンが多いようです。








中には治療が必要な「思春期早発症」といって、身体に何らかの異常があって思春期が早く訪れてしまう場合がありますので、注意深く見守り、二次性徴が早くに現れるなどの兆候があったら、小児科を受診するようにしてください。