のびない身長は病気

身体に何らかの異常や疾患があって、身長がのびずに、極端に身長が低くなってしまうことがあります。

これを「低身長症」といいます。

医学的な定義は、「同じ性、同じ年月齢の平均身長より、−2SD(標準偏差)以下の場合」と「年間の伸びが平均値の80%以下という横ばい状態が続く場合」とされています。

−2SD以下とは、同じ誕生日の子供100人が背の順に並んで、低い方から2〜3番目くらいの子が当てはまります。








低身長症の原因はいろいろで、「内分泌性低身長」は成長ホルモン分泌不全などが原因といわれているものだったり、骨や遺伝子の先天性疾患による低身長、栄養不足や愛情不足による慢性疾患性低身長、小柄な体型が遺伝する家族性低身長、発育が普通よりも遅い体質性低身長などがあります。








原因によって治療法は様々ですが、どれも早期発見、早期治療開始が、より高い治療効果を得るために決め手となります。

なかには早期発見は脳腫瘍など重大な疾患が原因となっていることもあるので非常に大切です。








普段からお子さんの成長を注意深く観察する必要が、低身長の早期発見のためには欠かせません。

周囲の子と比べて極端に身長が低い、身長の伸びが急に悪くなった等の症状に気が付いたら、なるべく早いうちに、15歳以下の場合は小児科医師の診察を受けるようにしましょう。