仕事と男の身長

身長の高低いが大きな影響を与えるものの一つに、「仕事」があります。

特に男性は、どんな仕事をしていても、「堂々としている」、「頼もしい」等「仕事ができる」イメージは好感度アップです。

身長が高いと、堂々と頼もしく見えるので、ビジネスにおいては有利になることがあります。








実際に仕事ができるかできないかは、身長で決まるものではありませんが、言葉は悪いですが、低身長だと「なめられる」という可能性もゼロではありません。

特に、世界を相手に仕事をしているような人は、海外の長身ビジネスマンと接する機会も多いので、尚更でしょう。








就職の際の面接などにおいても、身長が高いことが有利に働くことはあるようです。

企業が身長だけで人を判断することはあってはならないし、実際に身長だけで採用ということはないはずですが、やはり身長が高い方が「ファーストインプレッションが好印象だった」場合があることは否定できません。








尚、一定身長が基準を満たしていないと採用試験すら受けられない職業も存在します。

警察官はその典型的な例で、職務の中で身に危険が及ぶような事態も考えられることから、ある程度の「体格のよさ」が求められるようです。

しかし最近、都道府県によって身長制限が廃止されたり、多少基準に足りていなくとも、体力テストなどで問題がなければ、採用されることも多いようです。