低身長が好まれる?営業マン

前項では、ビジネスの現場においては長身男性の方が有利に働くことが多いという話をしましたが、その逆で営業職は小柄な男性の方が好まれるという説もあります。

営業職というと、クライアントと直に接して様々な交渉やアフターフォローなども行う「最前線」の仕事ですから、高身長の男性の方が堂々と頼もしく見え好まれそうなものですが、なぜ身長の低い方が良いのでしょうか?








実は、長身のデメリットのひとつに、「威圧感を他人に与えてしまう」というものがあります。

身長が高い人は確かに頼もしく見えますが、それだけに人を威圧した雰囲気があり、受け手としては特に意識をしていないつもりでも、深層心理でどこかすくませてしまうことがあるそうなのです。








たしかに、第一印象で「話やすい」「接しやすい」というやわらかな印象を持たれやすいのは、身長の高い人よりも身長の低い人かもしれません。

テレビなどでも、小柄な芸能人には何となく親しみが沸くという方も多いと思います。

営業は頼もしさも重要ですがまずは相手の心を開き、話を聞いてもらうことから全てが始まるので、親しみやすさというのが何よりの武器になります。








営業職と一口にいっても多種多様な業種があるので、売るモノやサービスの内容によっても、理想とされる身長は変わってくるかもしれませんね。