男の子の平均的な身長の伸び方

男の子の身長は、本当に「成長期にならないとわからない」とでも言いましょうか、どう成長するか予測できず、蓋を開けないとわからないものです。

小学校の頃は小柄で保護者の方が心配するほどだったのが、中学生や高校生になった途端に急激に伸び始め、みるみるうちに高身長になることも、良く聞く話です。








人間の身長は、思春期に入った後の3〜4年間、これまでにないスピードで伸びて、この時期が終わると、ほとんど身長が伸びなくなります。

これは、思春期に入った時、骨の成長が一気に加速し、骨が成熟していくからです。

男の子の身長は、この期間で平均25cm、よく伸びる子は30cm以上もぐっと伸びるそうです。








男の子だけに限った話ではありませんが、早めに思春期を迎えた子は、それだけ骨の成熟も早くなってしまうので、成長期が早く終わってしまい、最終身長が低くなるケースがあります。

小学校の頃に身長の高かった子が、中学生や高校生になるとほとんど伸びなくなって、周囲の子に抜かされていくということも多く聞くと思います。








反対に、特に男の子の場合、幼少の頃に身長が低い子が思春期を迎えた途端に驚異的な身長アップを見せることが多いので、思春期前の段階で身長が低くても、さほど心配することはないかもしれません。

しかし、周囲の子より極端に小さいとか、伸び率が最近一定してしまったなどの症状がある場合は、一度小児科を受診するのが良いと思います。