男の子の性格、身長が低い男の子への影響を考える

それでは、次に身長が低い男の子の性格について考えてみます。



やはりこちらも、一概に身長が低いからこういう性格だと述べられるものではないので、身長が低いということがのちの人格形成にどのような影響を与えるかという例を考えてみたいと思います。






男の子は身長が低いことによって、幼少の頃から少しシビアな環境に置かれます。


身体の大きい子にはどうしたって力でかなわないということもありますし、小柄というだけで弱い立場になってしまうことも残念ながらあります。



これは動物学的に考えてみるとわかりやすいでしょう。


同じ群れの中でも、小さな個体は大きな個体から高圧的な態度を取られることが多いものです。


人間の世界においては、言葉は悪いですが「チビ」などとからかわれたり馬鹿にされたりという経験をする子もいるでしょう。




そうした環境の中で、自己主張をするということは、なかなか難しいことですが、小さな身体というハンデがあるからこそ、周囲に負けまいとして負けず嫌いな性格になっていく子もいます。



しかし、逆に自己主張ができない、嫌と言えない相手の顔色を気にする気弱な性格になっていく子もいます。




このように、同じ身長が低い男の子でも、どのような性格に反映されるかは十人十色なので、結局のところは本人の性質や周りの環境なのではないかという気もします。



ただ事実として、身長の高い低いは、幼少期の性格形成に少なからず影響を与えます。

特に、身長が低いハンデを跳ね返したタイプの子は、根性やガッツがあり、かつ外交的、社交的で、いわゆる「営業向き」になることが多いようです。



性格の形成に影響を与えかねない、身長の高低。


安全に身長を伸ばす方法としては、経口摂取によるアルギニンが挙げられます。


アルギニン単体ではしっかりとした成果を上げることは難しいものの、近年、複数の構造の近いアミノ酸を配合することで成長ホルモン分泌が盛んになることがわかってきました。


詳しいメカニズムなどはこちらからご確認ください。