男性の身長と男女の在り方

昔は、男性とは女性を守る存在であり、女性は男性に守られて生活する存在でした。

男性は外で働き、家は女性が守る。

そんな時代には、高身長で体格のよい頼もしい男性が好まれ、女性は小柄でた華奢な姿が好まれるというのは、必然であったと言えるでしょう。








しかし、女性の社会進出が進むにつれて、男女の在り方、立ち位置というものもまた、変化してきました。

今は女性も男性と同じようにバリバリ外で働いていますし、男性だって家事や育児を分担するのが当たり前と考えられています。

「専業主夫」や「イクメン(育児をする男性のこと)」などという言葉も大流行していますし、実際にそのような男性も全く珍しくない世の中です。








現在の男女の在り方は、昔とは違い、対等かつ平等なものになってきました。

それに伴って、男女ともに求められる性質も変わってきました。

そして、身長の高い女性が好意的に見られるようになってきたと共に、男性もまた、男らしい体型でなくとも良いという風潮になりました。








最近テレビなどを見ていると、女性のように華奢な体型の男性芸能人を見かけることがよくあります。

少し前ならば、そのような男性は「女っぽい、なよなよしている」などと言われていたものですが、今では「草食系男子」などともてはやされています。

そして、男性の身長も、以前ほど「高いことが絶対条件」とは言われなくなってきたように思います。