身長コンプレックス、俳優の場合

一般の人より恵まれた容姿を持ち、ドラマや映画の中で輝いている俳優さんや女優さんの中にも、自身の身長に悩み、劣等感を抱いている人がいます。

身長168cmの長澤まさみさんは、かつて「欲しいものは?」と出演していたラジオで聞かれ、迷わず「低い身長」と即答したそうです。

彼女は、身長が高いことを気にしているんですね。








男性の俳優さんの場合、「身長が低いことを気にしている」とわざわざ公言する人はいませんが、長身の女優さんとの共演をわざわざ避ける俳優さんは少なからずいるそうです。

また、公式プロフィールで身長を「サバ読む」俳優さんも少なくないとか。

小柄な男性俳優さんは少し高めに、長身の女優さんは少し低めに申告するのがセオリーだそうです。








また、男性の俳優さんの中には、シークレットシューズを愛用している方も少なくないといいます。

撮影のときはもちろん、映画の試写会や記者会見など、カメラやインタビュアーなど報道陣の前に出るときは必ずシークレットシューズを履き、身長を高く見せるそうです。

自身のコンプレックス云々の問題だけでなく、その俳優さんのイメージを守るため、事務所の意向もあるのかもしれません。

プロフィールの身長と実際の身長が違うことがわかれば、スキャンダルにもなってしまいます。