身長によってかわる俳優の役柄

身長の高低によって、人のイメージも変わってきますよね。

例えば、高身長の男性はクールに見えたり、男性として頼もしく見えたりしますし、小柄な男性は穏やかで優しい雰囲気があり、とっつきやすい親しみ感じがあります。

女性ならば、身長が高いと「キレイ系」「カッコいい系」で、身長が低いと「カワイイ系」のイメージがあります。








それでは、俳優の身長と役柄のイメージには、何か関係があるのでしょうか?これは、女優さんの方がわかりやすい傾向があるような気がします。

身長の高い女優さん、例えば168cmの米倉涼子さんや170cmの江角マキコさん、171cmの天海祐希さんは、カッコいい女性やデキル女性などクールな役柄が多いですよね。








しかし、これは一概に言えるものではなく、172cmの松嶋菜々子さんや、168cmの長澤まさみさん、同じく168cmの新垣結衣さんなどは、身長が高くても可愛らしい女性の役や恋愛ドラマでヒロイン役を演じていることが多い女優さんでもあります。








男性の俳優さんで言うと、嵐のメンバーで演技力に定評のある二宮和也さんは、少なからず身長が演じる役柄に影響を与えている気がします。

彼は168cmという平均身長より小さめな身長の持ち主で、さらに年齢は1983年生まれの27歳ですが、いまでも息子役や弟役などが多いような気がします。

顔もどちらかというとあどけない、守ってあげたい感じなので、その影響もあるかもしれませんね。