生活習慣で身長を伸ばす

人の身長は「遺伝」とか「生まれつき」で決まるとよく言われますですが、実は身長を決める要素は、遺伝が2割、残りの8割は生活習慣なのだそうです。

それではまず、身長を伸ばすために理想的な生活習慣について考えてみましょう。








身長を伸ばすためにまず最も大切なのが「睡眠」です。

身長を伸ばすために不可欠な「成長ホルモン」は眠っている間に分泌されると言われ、それが最も盛んになると言われる22時〜2時という時間帯は、特に深く良質な睡眠を確保し、早寝早起きをするのが良いでしょう。








次に「運動」も大変重要です。

適度な運動は骨を刺激して成長を促進します。

また、成長ホルモンは運動をした後にも分泌されると言われています。

但し、ハードな運動をして筋肉を付けすぎてしまうと、骨の成長が妨げられ成長がストップしてしまいますので、適度な運動の習慣を付けることが大切です。








また食生活は、偏らずバランスの良い食生活を心がけましょう。

その上で骨や身体の成長に必要なカルシウム、タンパク質、マグネシウムや亜鉛、鉄などの栄養素が不足しないようにしましょう。








最後に過度なストレスは成長ホルモンの分泌を妨げ、睡眠や食事などすべてに悪影響を与えてしまします。

ストレスが原因で身長が伸びなくなったという実例もあるので、ストレスを溜め込まずに、自分なりのやり方で発散しましょう。