骨端線と成長スパート

私は高校生になった頃に成長が止まりましたが、みなさんはいつ頃身長が伸びなくなりましたか?高校生の頃は周囲にはまだ伸びている子もいましたし、反対にもっと早い段階で成長が止まった子もいました。








では、身長が伸びなくなる時期はどうやって決まるのでしょうか?それは、思春期と成長スパートが関係しています。

人は思春期を迎えると、その後の3〜4年間で急激に身長が伸びます。

これを成長スパートといい、この時期は男子で平均25cm、女子で平均20cmも身長が伸びると言われています。








この成長スパートが何故起こるのかというと、思春期に入ると、骨の成長が一気に加速するからです。

骨がこれまでにないスピードで成長し始めるために、急激に身長が伸びます。

そして、この急速な成長を終えると、骨が成熟して骨端線が閉じ、「成長期」が事実上終了します。








思春期を迎えるということは、急激に身長が伸びる時期(成長スパート)が始まるという合図でもあり、また同時にあと数年で身長が伸びなくなることを知らせる合図でもあります。

この数年間は、身長を伸ばすため、一世一代の最大にして最後のチャンスと言えます。








身長が伸びなくなる時期は、男子が18〜19歳頃、女子が15〜16歳頃という例が多いようですが、この差は、一般的に女子の方が男子よりも早く思春期と成長スパートを迎えることによるものです。