高校生の身長UPはない?

多くの子にとって高校生という時期は、身長の伸びがストップしてしまう時期にあたります。

最近の子は特に、思春期、そして成長スパートを迎えるのが早いですから、高校生で身長が大幅に伸びたという子を探す方が難しいかもしれません。








それでは、高校生の身長はもう伸びないのでしょうか?その答えは、「骨端線が閉じていなければ、伸びる可能性は十分にある!」です。

身長がほとんど伸びなくなっていたとしても、骨端線さえ残っていれば、身長を伸ばすための工夫、つまり骨の成長を促すような努力をすることによって、大幅に身長を伸ばすことも不可能ではありません。








骨端線が残っているかどうか判断をできるのは、ここ最近の身長の伸び方です。

大きな伸びはないにしても、ほんの1cmでも伸びていれば、骨端線はまだ残っているといえます。

まず、身長の伸びが完全に止まっているかどうかを測定して確認してください。








もっと確実に骨端線の有無を確認する方法は、レントゲン写真を撮ることです。

レントゲン写真では、堅い骨は白く、柔らかい部分は黒く写ります。

骨端線は柔らかい軟骨(骨端軟骨)で構成されているので、骨端線があれば骨の端の方に黒いラインが写ります。

ただ素人目には分かりにくいこともあるので、骨端線を確認したい場合は、病院でその旨をはっきり伝えましょう。

身長の伸びが完全に止まったように見えていても、実は骨端線が残ってた、というケースもあります。