身長をのばす方法。20歳からでもOK

みなさんは、ご自身の身長が何歳くらいまでのびていたかを覚えていますか?私は、たしか中学の3年間で急激にのびて、高校生になった途端にほとんどのびなくなったと記憶しています。

周りの友人たちも大体そんな感じで、中学か高校の途中くらいの時にピタリと成長が止まる人がほとんどでした。

中には、小学校高学年くらいにぐんと伸びて、中学に入ったくらいからあまりのびなくなった子もいたように思います。








ご存知の通り、人間の身長がのびる時期というのは個人差はありますが期間は限られていて、一般的には男性は15〜18歳頃まで、女性は13〜15歳頃まで身長がのびるという人が多いようです。



人は思春期を迎えると、その後の3〜4年の間に急激に身長がのびます。

この期間の身長ののび方は異常に目を見張るものがあり、男性だと平均25センチくらい、女性も平均20センチくらいはのびるので、「成長スパート」と呼ばれたりします。

そして、その成長スパートの時期を過ぎると、身長は突如としてのびなくなり、やがて成長が終わってしまいます。








成長スパートが起こるのは、思春期を迎えると骨の成長が加速して、一気に成熟へと向かうからです。

子供の骨には「骨端線」と呼ばれるやわらかい軟骨部分があり、軟骨芽細胞という細胞がいます。

そこへ成長ホルモンが作用することにより、軟骨芽細胞が増殖、成長して、骨が成長していきます。

骨が成長する、すなわち身長がのびるということになります。



しかし、骨が成熟して大人の骨になると、この骨端線の部分が堅い普通の骨へと変化してしまうため、骨が成長することができなくなり、身長はのびなくなります。

これを、「骨端線が閉じる」と言います。








ところが、とうに成長期を終え、骨端線が閉じたはずの年齢であるのに、「身長がのびた」という話を聞くことがあります。

思春期を迎えるのが遅かった人などは、20歳を過ぎても骨端線が残っていて、身長がのび続けるというケースもあります。

しかし、そういったケースとは別に、大人の身長がのびたという例は実際にあるのです。








骨端線が閉じ、もう身長がのびない年齢になった大人の身長は成長期のような大幅なのびは期待できません。

しかし、数センチ単位で身長をのばすということは、実は大人になってからでも不可能ではありません。

身長が小柄でコンプレックスを持っている人や、高身長に憧れている人は、「少しでもいいから身長をのばしたい」、「あと何センチ身長をのばしたい」と願うものです。

そうした声に応えるべく、世の中ではあらゆる「身長をのばす方法」が考え出され、いろいろ発信されています。








そうはいっても、成長期の過ぎた大人の身長をのばす方法なんて、インチキ?と思われる方も多いと思います。

しかし、骨端線が閉じても骨と骨のクッション部分にある軟骨の部分がのびることで、若干ではありますが身長がのびることがあるのです。








また、「身長をのばす」ということではなく、「身長を縮めてしまう要素を取り除く」ことによって、結果として数センチの身長UPが可能になることもあります。

例えば、姿勢が悪いなどの原因によって、人間の身長は本来あるべき高さよりも低くなってしまうことがあります。

そういった部分を整体やのばしていくなどの手法で改善していくことで、本当の身長を取り戻すことができるはずなのです。








大人になってから身長をのばす方法は、身長がのびる本来の「骨の成長」とは異なるところにありますが、身長に影響を与える様々な事柄を良く理解し、そこにアプローチすることで、大人の身長をのばすことが可能となります。

身長の不思議について知ると、身長をのばす方法はなかなか信憑性のあるものだということがわかってきます。

もちろん、効果に個人差こそありますが…。