身長を健康器具でのばす方法

みなさんは「ぶらさがり健康器」というものをご存知でしょうか?昭和50年代に大流行した健康器具で、腰痛や肩こりなどを改善する効果とともに、身長をのばす効果があるとして当時絶大な人気を集めたものです。

ぶらさがり健康器こそが大々的に世に出回った「身長をのばす方法」のさきがけであったように思います。








ぶらさがり健康器が身長をのばす仕組みは、ぶらさがって身体をのばすことによって、骨と骨の間にある軟骨がのび、結果数センチ身長がのびるというものです。

また、背筋をまっすぐにのばすので骨格の歪みが矯正され、身長が本来の高さに戻るという効果も併せて期待できます。








最近では、ジムなどに「ストレッチャー」という器具が置いてあるのをよく見かけますが、このストレッチャーもぶらさがり健康器と同様、軟骨部分をのばして身長をのばす効果があります。

また、背骨の歪みや、X脚やO脚といった脚の骨の歪みも体を伸ばすことで矯正してくれます。








健康器具は自宅やジムで利用できるので整体より手軽ですが、安全面には十分注意する必要があります。

無理は禁物ですので、痛まない程度、「気持ちいいな」と思える程度に利用しましょう。

また、使用をやめてしまうと残念ながら身長が元に戻ってしまうので、継続することが大切です。