身長を成長ホルモンでのばす方法

成長期の子供が身長をのばすためには、「成長ホルモン」が必要不可欠であるということが有名です。

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されると、子供の骨にある「骨端線」に作用します。

この刺激を受けて、骨端線部分で細胞の増殖と成長が始まり、骨がのびることで身長がのびます。








大人の骨にはこの骨端線がありませんので、大人が身長をのばすために成長ホルモンは無意味であると考えられがちですが、実はこの成長ホルモンは成長期が終わった大人でも身長をものばしてくれることがあります。

実は成長ホルモンは、骨端線だけでなく、骨と骨のクッション部分の軟骨にも作用するので、その刺激を受けて軟骨部分が成長することにより、大人でも身長がのびるのです。








しかしこの成長ホルモンは、成長期である10代後半頃に分泌のピークを迎え、20代以降はどんどん分泌量が減少していきます。

ですから通常は、大人になってから軟骨を成長させるほどの量の成長ホルモンが分泌されることはありません。








そこで、分泌量を増やすためには、サプリメントを利用して成長ホルモンの分泌を促進し、軟骨部分の成長が可能となることがあります。

成長ホルモンのサプリメントは世界中で開発されて販売されていますが、日本国内のものだと、当社のHGH-NEXTが子供から大人までたくさんのユーザーに愛用されていて有名です。