身長を服装で高く見せる

服装を工夫することで、身長を高く見せることが可能です。

色使いなどによって体型をスリムに見せることができるというのは有名ですが、身長を高く見せる服装は、スリムに見せる服装とほぼ同じです。








まず、色は濃い色、寒色系を選ぶようにします。

淡い色や暖色系の色よりも身体全体を引き締めて見せる効果があるので、身長もスラリと高く見えます。








大きな柄や太い柄よりも、小さな柄や細い柄の柄物を選ぶようにします。

ストライプですと、横向きよりも縦向きがお勧めです。

ストライプは、柄と同じ方向に長く見せる視覚効果があるので、縦向きならば細長く、横向きならば短く太く見えます。








また、「身長が低いからこんな服は似合わない」といって着るものを限定してしまうと、逆に身長の低さを強調してしまうことになるので要注意です。

身長が高い方が似合う服というのはもちろんありますが、身長が低いと似合わないというわけではありません。

あまりブカブカなものはNGですが、身体にあったものを選べば、しっかり着こなせます。








服装には好みがあるので、身長を高く見せるためだけに選ぶというのは難しいかもしれませんが、身長を高く見せたい「ここぞ!」という時には、前述したような点に留意して服をセレクトしてみると良いかもしれません。