生活習慣で人成長ホルモンの分泌をよくする

日常生活の中でちょっとした工夫や努力をすることで、人成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。








人成長ホルモンの分泌促進のために、最も重要なのが「睡眠」です。

人成長ホルモンは眠っている時に分泌されるので、特に22時〜2時という時間帯は人成長ホルモンの分泌が最も盛んになる時間と言われています。

まずその時間に睡眠時間をしっかりと確保し、深く良質な睡眠を心がけるようにしてください。

また早寝早起きをすることもポイントです。








人成長ホルモンは、適度な運動をした後にも分泌されます。

運動は身体の健康維持のためにも良いことですし、子供なら骨を刺激して成長を促進することにも繋がります。

普段から適度な運動をする習慣を付けるようにしてください。








食事は偏らずバランスの良い食生活を心がけてください。

また、肉類や大豆食品に多く含まれるアルギニンやしじみに含まれるオルニチンといったアミノ酸は人成長ホルモンの分泌を促進する作用を持っているので、なるべく摂取したほうがよいでしょう。








最後にストレスは人成長ホルモンの分泌を妨げます。

実際に、ストレスフルが原因で人成長ホルモンの分泌が悪くなり、低身長を引き起こしたという例も存在します。

ストレスを溜め込まず上手に発散し、毎日リラックスして過ごせる環境づくりをしてください。