ヒト成長ホルモンの関心、高まる

いつの頃からか、健康や身体の仕組みに対する人々の関心が高まり始め、医学的な専門知識の一部が人々の間でも共有されるようになってきました。

テレビでは健康や美容に気を使っている視聴者のために、毎日のように様々な健康法の特集が組まれています。

そんな時勢に乗って、かつては医療従事者であったり、実際に特定の病気を患っている人や、過去に患ったことのある人、その身近にいる家族など、ごく一部の限られた人しか知らなかったような知識や言葉が、今は広く知れ渡るようになっています。








そんな中で、最近特に目を引くようになったのが、「ヒト成長ホルモン」という物質です。

ヒト成長ホルモンは、英語で“Human Growth Hormone”といい、よくその頭文字をとって“HGH”と表記されています。

テレビや雑誌で「ヒト成長ホルモン」が紹介されているのを見たことがある方や、“HGH”の文字が記されたサプリメントを見たことがあるという方も、多いのではないでしょうか?では一体、このヒト成長ホルモンとは、どのような物質なのでしょうか?








ヒト成長ホルモンは、脳下垂体というところから分泌されるホルモンです。

その名が示すとおり、人間の「成長」に関する働きを持っています。

ヒト成長ホルモンの持つ働きの中で最も有名なのが、身長を伸ばす働きです。

脳下垂体から分泌されたヒト成長ホルモンは、肝臓に働きかけてIGF-1という物質を分泌させます。

そうすると今度は、IGF-1が骨の両端にある骨端線というところに作用します。

IGF-1の作用を受けた骨端線は膨張し、骨が伸びます。

それによって身長が伸びるというわけです。

このように、ヒト成長ホルモンは、身長を伸ばすための最初の指令を出す大変重要な物質なのです。








しかし、ヒト成長ホルモンの働きは、身長を伸ばす働きだけではありません。

ここ最近、急激にヒト成長ホルモンへの関心が高まってきたのは、むしろ身長を伸ばす以外のさまざまな効能が明らかになったことが関係しています。

肌にハリや潤いを与える働きや、筋力を高める働きといった、いわゆる「アンチエイジング(抗老化・抗加齢)」効果や、基礎代謝を高める働きや、脂肪を分解する働きによるダイエット効果などです。

そのほかにも、ヒト成長ホルモンは、免疫力を高めたり、女性のバストアップにも関係していると言われています。








少し前までは、身長を伸ばすといえばカルシウム、肌の若返りといえばコラーゲンやヒアルロン酸、免疫力といえばビタミンCといったように、人間の健康や美容を維持する方法については、有効な栄養素の摂取をもって語られることが多かったように思います。

しかし、今はさらに一歩進んだところから考えられるようになり、ヒト成長ホルモンが着目されるに至ったのです。

ヒト成長ホルモンは、「身長が伸びない」、「肌にハリがない」、「筋力が衰えて疲れやすい」、「太りやすくなってしまった」etc、人々が憂うところの諸症状を根本から解決するための鍵を握っています。








ヒト成長ホルモンの働きを良く知り、その分泌促進に努めることは、老若男女すべての人々に好ましい影響を与えます。

例えば子供の健やかな成長を守ったり、若々しく健康な身体をいつまでも維持したりと、誰にとっても大きなメリットがあることなので家族全員で取り組むのが良いと思います。

また、ヒト成長ホルモンについて知ることで、長年悩まされ続けていた身体のトラブルを改善するヒントを得ることもあるでしょう。

かつては専門家や限られた一部の人々しか知りえなかった「ヒト成長ホルモン」の存在が、いま多くの人々に注目され、新しい「健康の常識」、「美容の常識」が作られようとしています。