身長とヒト成長ホルモン

ヒト成長ホルモンの「身長を伸ばす働き」は大変有名で、最近は「身長を伸ばすためには何をすべきか」というと、「ヒト成長ホルモンの分泌量を増やせば良い」というのが、定説になってきています。

昔から「寝る子は育つ」とはよく言ったものですが、眠っている間にヒト成長ホルモンが分泌されることを考えるととても理にかなっていると言えます。








身長が伸びるということは、骨が伸びるということです。

ヒト成長ホルモンは、肝臓からIGF-1という物質を分泌させ、それからIGF-1が骨の両端にある「骨端線」という部分に働いて、軟骨芽細胞の増殖・成長を促して骨を伸ばし、その結果身長が伸びていきます。








さらに身長を伸ばすためには、カルシウムの摂取を強く勧めます。

「牛乳を飲むと背が伸びる」というのは、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれるからです。

確かに、カルシウムやタンパク質は骨をつくる材料になりますので、身長を伸ばすためには必要不可欠です。

しかし、材料が十分足りていたとしても、指令を出すヒト成長ホルモンなくしては、骨は成長できず、身長は伸びません。








成長期にヒト成長ホルモンが不足すると、身長が伸び悩んだり、著しく不足した場合には「低身長症」を引き起こしてしまうこともあります。

これを、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」といいます。