アンチエイジングとヒト成長ホルモン

近年、ヒト成長ホルモンを一躍有名にしたのは、ヒト成長ホルモンが持つ「アンチエイジング効果」です。

アンチエイジングとは、日本語では「抗老化」「抗加齢」と訳され、加齢とともに現れるさまざまな老化現象を予防、改善しようというものです。








ヒト成長ホルモンには、コラーゲンやヒアルロン酸を取り入れて肌の水分保有率を上げ、ハリや潤いを与える働きがあります。

美肌のためにコラーゲンなどのサプリメントを摂取している方も多いと思いますが、せっかくサプリなどで摂取してもヒト成長ホルモンがなければうまく取り入れられないため、思ったほど効果が得られていないというケースも多いのです。








また、ヒト成長ホルモンには筋肉を合成して筋力をUPさせる働きがあるので、ヒト成長ホルモンを補うことで疲れにくい身体を取り戻し、身体を丈夫にすることができます。

さらに免疫力を高める働きもあります。








そもそも、ヒト成長ホルモンの分泌量減少が一因で、加齢によって肌にたるみやシワが生じたり、筋力が衰えてしまうのでは、と考えられています。

よって、ヒト成長ホルモンの分泌を促したり、補充してやることで、老化現象を最小限に食い止め、若返り効果も期待できるのです。



ヒト成長ホルモンのアンチエイジング効果は、欧米ではずいぶ以前から注目されていて、ハリウッドスターやセレブの間では、ホルモン注射が大流行したといいます。