ヒト成長ホルモンの分泌量を増大させるために

ヒト成長ホルモンは、眠っている時と運動をした後に分泌されますので、睡眠不足や運動不足になると、ヒト成長ホルモンの分泌量は減少してしまいます。

逆に言うと、良い生活習慣を身に付けることで、ヒト成長ホルモンの分泌量を増やすことが可能です。








ヒト成長ホルモンの分泌量を増やすためには、まず睡眠をしっかり取るようにしましょう。

特に、22時〜2時という時間帯は一番分泌量が増えると言われているので、早寝早起きが理想です。

また、浅い睡眠ではヒト成長ホルモンは十分に分泌されませんので、深く良質な睡眠を心がけてください。








また運動不足も大敵です。

適度な運動の習慣を付けましょう。

最近話題の加圧トレーニングは特にヒト成長ホルモンの分泌を促進するトレーニング法として知られています。

但し、成長期の子供の場合、筋肉を付けすぎてしまうと骨の成長が妨げられ成長がストップしてしまいますので、鍛えすぎには注意しましょう。








食事は、偏食せずバランスの良い食生活が基本です。

肉類や大豆食品などに含まれるアルギニンや、しじみに多く含まれるオルニチンといったアミノ酸は、ヒト成長ホルモンの分泌を促進する作用を持っています。

積極的に取り入れられるようにメニューなど工夫してみましょう。








最後にストレスを溜めるとヒト成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので、上手に発散するようにしてください。

適度な運動をしてストレス発散をするのが良さそうですね。