骨が成長線で伸びる仕組み

身長が伸びるということは、骨が伸びるということですが、堅くて丈夫な骨が一体どうやって伸ていくのか、不思議ですよね。

骨は、骨の両端の関節に近い部分にある「成長線」という柔らかい組織の層が増殖していくことによって伸びます。

それでは、その仕組みを詳しく見てみましょう。








骨が成長するには、まず一番大切なのは、脳下垂体というところから「成長ホルモン」が分泌されなければなりません。

成長ホルモンが分泌されると、肝臓に働きかけて「IGF-1」という物質を分泌させます。

このIGF-1が成長線に作用することによって、ようやく骨の成長が始まります。








IGF-1の作用を受けると、成長線にいる「軟骨芽細胞」という細胞が、増殖・成長し始めます。

まず、骨の「芯」となるコラーゲンの繊維が作られ、そこにカルシウムやリンが吸着することによって、新しい骨ができます。

この過程が繰り返されることによって、成長線の軟骨層が膨張し、骨が伸びます。








身長を伸ばす方法として、成長ホルモンの分泌を良くする、カルシウムを摂取するなどが有名ですが、どちらも骨が伸びる仕組みに関係のある、有効な手段だと言えます。

真偽のほどは定かではありませんが、「コラーゲンの繊維」に着目してコラーゲンを含むマシュマロを食べると身長が伸びるという説もあります。